FC2ブログ

RPMForgeの設定

RPMForgeの設定 - Tip in bobbin

確かにRPMForgeを参照するようにしとくとより多くのパッケージインストール可能なのでいいんだけど。不安定なの更新されたりしたので、オフにする設定必要かも。

/etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
enabled = 0
でオフ。そして以下で利用する。
yum --enablerepo=rpmforge install [package]

LVM 参考サイト

難しそうとか思ってたけど、思いのほか簡単に複数のディスクを1つのパーティションにまとめることができた。1つ間違えば既存のデータが消失すんじゃないかとおそるおそる試してみたが、なんとか何事もなく目的達成。

3. LVM(Logical Volume Manager)(第2章ディスク管理~上級:基本管理コースII)

一連の操作方法の説明。


論理ボリュームを拡大するには - @IT

resize2fs でオンラインリサイズ可能とのこと。CentOS5ではこれで。


Related

::memolet | LVM 参考サイト
やはりここのサイトがかなり分かりやすい。

LVM 参考サイト

Pantora Networks » 1章 LVM入門

基本的なことがわりと丁寧に解説してあるように思える。
実際に記事をおっかっけて使ってみる。


Sambaのマウント済みかチェックするスクリプト

【Linux】 Windows上ファイルのアクセス ( mount cifs ) サンプルシェルスクリプト:  エディの日記

`/bin/mount | /bin/grep "${MNT_PATH}" | /usr/bin/wc -l`が0かどうかをチェックすることで判定するとのこと。いろいろGoogleで調べたけどどこも似たようなものだった。この方法がまぁ妥当かなというところ。あと、smb-clientパッケージが必要と...


rsync

rsync

プロジェクトサイト。
最新の3.0.xドキュメントあるので、こっちのが便利。


rsync

2.x.x系の和訳サイト。


rsync + cron + ssh (rsyncd を立てない編)

これやると思う。メモ。


CentOS5.2に最新PostgreSQLインストールしたい

PostgreSQL RPM Repository (with Yum)

yum用のrpmレポジトリ。
インストール方法もある。要は、yumレポジトリをrpmでインストールして、後は普通にyumでインストール。


試験管のなかのコード :: CentOS 5 に PostgreSQL をインストール

手順説明ある。


CentOSの最小構成

CentOSでkickstartで最初から必要ないパッケージを設定ファイルに登録してみた。 それにもかかわらず、削除指定したはずのパッケージが相変わらずインストールさ れていてヤダ。記述の順番とか依存関係が関係ありそうだけれどちょっと検証する のも手間なので保留。

CentOS 5 on Xen(CnetOS5) Domain-U用最小化手順 - Tech Note - The Sixwish project

まだ小さく出来る気がするんだけれどもこの方の最小構成はこうだったという記事。


::memolet | CentOS5での最小構成インストールしたい

Postfix Roundup for me

Postfixの設定の参考:
Postfixのぺーじ-ホーム

ドキュメントの日本語訳を公開されている。ちゃんとニュースも更新されている。
Postfix Frequently Asked Questions
このサイト内のFAQページ(設定例)。


メールサーバー構築(Postfix+Dovecot) - Fedoraで自宅サーバー構築

基本的な構成の設定例を解説されている。


Kozupon.com - Postfixの構造と導入の勘所!

Postfixのモジュール構成の図がわかりやすい。大体Postfix動かすのにいくつプロセス 動かしてんだって。プロセス名もPostfixって名前とは関係ないからパッと見どれがPostfix のプロセスだかわかんないし。


MTAの切り替え:
Postfixの運用・管理 3.RPMでインストール(RedHatLinux9編)

MTA複数インストールしてた場合どうやって切り替えるかここではじめて知った。


MTA(sendmail/postfix)を切り替える方法 | Postfixの小技

他にも参考になりそうなTipsが多数。FAQサイトと合わせてどうぞ。


Linuxの自動インストール Roundup

PXEブートで自動インストールが常套みたい。だが、PXEブートさせるのに DHCPサーバが必要。そのDHCPサーバもPXEブート向けの設定が必要。

まっさらなサーバを30分で本番投入できるようにする - とあるはてな社員の日記

capistranoやpuppetのキーワードをゲット。
アプリケーションは、rpmパッケージ化。


ウノウラボ Unoh Labs: Linuxをネットワーク経由で自動インストールする方法(前編)

ウノウラボ Unoh Labs: Linuxをネットワーク経由で自動インストールする方法(後編)
2つとも下の方に有用なリンクがある。


社内LAN環境で簡単にOSの自動インストールをしようと思った場合、FTPとか HTTPでkickstartするのがいいかもと思った。

Red Hat Enterprise Linux インスト-ルガイド:28.1.キックスタートインストールとは

公式ドキュメントらしい。kickstartは、ここ見れば十分わかる。


南船北馬 - kickstartを使ったインストールの自動化

公式ドキュメントはここで知った。


ぺお記す - , Kickstartで楽々OSインストール

boot:プロンプトでlinux ks=http://webserver/anaconda-ks.cfgとか指 定するだけらしい。


chibilog++

kickstartの基本的なところから、yum-fastestmirror まで。

CentOS向けのrpmレポジトリ

AdditionalResources/Repositories/RPMForge - CentOS Wiki

CentOS 5 で yum のレポジトリに RPMForge を追加する方法。日本にも色々 解説記事があるけれど、ここは配布元のWiKi?なので情報源としては確かか なと。
CentOS の標準パッケージよりも新しいものがあるので、その辺は気を付け た方がいいよって注意書きあり。


RPMforge - RPMRepo Wiki

RPGForge自体は、レポジトリだけを管理してるのかここで検索とかはで きないみたい。
検索は、rpm.pbone.netとか Googleでとのことらしい。


RPM Search - rpm.pbone.net

CentOS向けの rpm パッケージも検索可能なサイト。


DAG: RPMforge authoritative packager list

RPMForge で利用できる rpm をパッケージされている方?だけでなく RPMForge で利用出来るパッケージの全てのリスト?


CentOS Repository of pkgs at CentOS.Karan.Org

CentOS向けにrtorrentなどbittorrentの比較的新しいバージョンをパッ ケージされている方の配布サイト?これらのパッケージは、少くとも RPMForgeよりも新しい。


Related:
::memolet | rpm検索 (2007.12.08)
::memolet | rpm検索 (2006.07.13)