スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AS番号について

P2Pでピア間の接続でネットワーク上の距離を考慮しないと全体のトラフィック量が増大する懸念に対し、経路を考慮したピア接続を行えば良いという解がある。末端のソフトから経路をどう判別するかっていうのも問題で、tracert使うとか、単純に応答時間を測って判定するとか。でもAS番号ってのがあって同じAS番号のピアが接続すれば効率が良いらしい。じゃAS番号ってどうやって知るのさってことが知りたくて調べてみた。
が、AS番号がわかったとしてどうやって経路を制御するかはわかってない。
AS番号の割り当てに関する参考情報

JPNICによるAS番号に関する文書で、AS番号の定義が記述されている。


Related:

自律システム (インターネット) - Wikipedia

ASLOOKUP

末端のPCからAS番号が引けそうなソフト発見。

IPアドレスからAS番号の検索が可能です。

上記のような特徴があるらしい。動作確認済みOSはFreeBDSとSolarisだけ...

BSD使えや、(゚Д゚)ゴルァ! » ASLookup

2008.10.21: 配布元サイトからソースを持ってきて、ここのサイトを参考に試しにCygwin上で コンパイルしてみた。あっさりコンパイル通ったので、動かしてみる...。動いた。 修正なんて、Makefileから-DRALOCAL外しただけ。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL

http://memolet.blog22.fc2.com/tb.php/976-2f88ed90

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。