スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VC2005 のランタイム配置

以下の記事を見たら xxx.exe があったとして xxx.exe.local とかのファイル とかディレクトリだとか、Microsoft.VC80.CRT.manifest とか Microsoft.VC80.CRT のディレクトリとかに必要な DLL を配置すれば動きそう なのだけれど、VC2005のランタイムをどういう配置をしても VC2005 でビルド したモジュールが動かない。
再配布モジュールが C:/WINDOWS/WinSxS 以下にインストールされないとどう しても駄目っぽい。今回は、ランタイムをスタティックリンクした。結構時間 を食われたので、忘れないようにメモ。
C/C++ 分離アプリケーションおよび side-by-side アセンブリのトラブルシューティング

MSDN のサイト。


Manifest Required - blog


DLLの闇 (3) - NyaRuRuの日記


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL

http://memolet.blog22.fc2.com/tb.php/887-c327b636

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。