スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整理フォルダ

GTDで収集->処理の流れで仕分けされた事柄は、基本的には以下の4つのフォルダに仕分けされることになるかと思います。

  • Projects
  • Maybe/Sometime
  • NextActions
  • References

このNextActionsについては状況別に分類することで、次の行動を選択しやすくなります。この分類には、個々人でカスタマイズされたものになっているかと思います。
私の場合、Remember The Milk上のリストを以下のように分けています。

  • 受信箱
  • @Computer
  • @Home
  • @Office
  • @Errands
  • CheckList
  • Ideal
  • Maybe
  • Projects
  • Read/View/Listen
  • Wishlist
  • 送信済み

@がついたものが状況別の次の行動リストになります。当面は、この分類で運用しようかと思っています。
以下の方々の分類も参考にしました。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL

http://memolet.blog22.fc2.com/tb.php/318-9b8fcc06

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

最近GTDをはじめてみました。
これ、いいですね!(・∀・)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。