スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バージョン管理レポジトリ運用

Gitリポジトリ運用ルール - SetucoCMS Wiki - SourceForge.JP

LinuxとかBSDとかのカーネルのレポジトリの運用って、リリースするときはトランクから分岐して、その分岐を維持管理する。トランクは、開発用の最新機能をどんどん盛り込む用途。こんな理解で、この考えを参考に自身の業務に適用してた。けど、機能ごとにリリースするような場合に運用がうまく行かなくなっていた。なるべく少ない分岐でまわそうとしていたので余計に。
この記事や他の運用記事読んで、トランクやマスターは常にリリース可能なレポジトリで、開発はトランクからの分岐で行うことの意味がわかった。特定用途向けのリリースでも、とある時点のトランクからの分岐作って、そこへリリース機能をマージしていけば良い。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL

http://memolet.blog22.fc2.com/tb.php/1587-c70ac191

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。