スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P2Pネットワーク実験協議会第2回シンポジウム行ってきた

プログラムを見たときからビジネス寄りの話なんだろうなぁとか思ってたのであまり行く気はなかったのだが、NTTの山下さんらの話はおもしろそうということで行ってみた行ってみた。
続き...
全体の感想としては昨年に比べて熱気が少ないというか、まぁP2Pでコンテンツ配信に限った話でそうそう昨年とくらべて何か著しく変わったことがあるわけでもなく、現状報告という感じ?
みなさんP2Pはイメージが悪い悪い言うけど、その根拠は?なんて思ってたら江崎さんの話ではアンケートして実際にP2Pのイメージは悪そうだというデータを示してた一瞬だったけど。また、この協議会自体がISPなどからのネットワークただのり論から出発したビジネス寄りなものだという前提をあらためて山下さんから説明あり。ALTO?やなんとかBATとかUSでは検討が始まってるよとのこと。がTCPの置き換えなんてでっかい話をしてるようなので実際にそれ運用できるのか疑問とか思った。
後は、実装がJava多すぎ、P2Pモジュールのインストールによる手間で実際にユーザーが視聴まで到達する割合が下がるからって安易にアプレット化ってことでいいの?本当に必要なものだったらインストールしてでも使ってくれるんじゃないかなぁとか?ってこと自体が今のP2Pのコンテンツ配信の現状を示している気がする。でも、BBブロードキャストはインストール型にもかかわらず順調に実績を重ねてます、技術としては成熟したのであとはどうマネタイズするかですぅって...強いな。
それにしてもP2Pって実装がJavaとかPythonとか多い。Javaは、ウタゴエ、ビットメディア、ハイマックスなどで採用、PythonはBBブロードキャストで一部使われてるっぽいし。まぁJavaとかPythonって最初からライブラリが揃っているので実装し易いってのはあるんだけれど。C,C++だとどうしても車輪の再発明しないとだめなのがきつい、GPLにも気をつけないといけないし。
結局、ビジネスでP2Pってマイナーだよねってこと。メジャー化を考えるとYouTube、ニコ動、ustream、GyaoとかをP2Pでやるってくらいにならないと駄目なんじゃない?まだRTMFPがツリー型のネットワーク構造しかできなさそうなことを考えるとベンチャーが手を出す余地はあるんじゃないか。で気づいたのが協議会のメンバーにエスグラという会社が名を連ねてて驚いたんだけど、エスグラで案外そのあたり手を出してたりしないだろうか。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL

http://memolet.blog22.fc2.com/tb.php/1194-340918d5

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。