スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazon S3とかCloudFrontとか

AmazonS3を実際に試用してみた。S3 Organizerを使えば簡単に扱える。普通にHTTPでダウンロードできるし、Range指定も可能。BitTorrentも利用可能とのことなので、試した。まず.torrentファイル作成がかなり早い、200M程度のファイルでファイル名?torrentの指定から数秒で返してきた。トラッカーは1つだけ、だがアナウンス間隔がかなり短い。1分くらい?ピアは、3つ作ってくれてた。クライアントは、peer_idがS3-1-0-0--123456789になっていて特定不能。DHT、PEXとか拡張もちゃんと実装してある様子。
CloudFrontも使用してみた。S3 Organizerで簡単に設定できる。wgetでS3とCloutFrontの両方からダウンロードしてみた。S3では600KB/sだったのに対しCloudFrontでは3MB/s程度で確かに早くなっていた。エッジサーバーが東京にあるとのことなのでそのサーバーのAS番号とか調べてみようかと思い、CloudFrontで指定するドメイン名で返されるIPアドレスのAS番号を引いてみたら、日本のアドレスが返ってきてないようだったけど?本当に東京に配置されている?
課金状況を見ると東京の体系になっているのでIPアドレスの割り当てがUSのamazonからなのでわからなかっただけかも(2009-01-28)
CloudFrontに関して、以下の2つの記事が詳しく解説されている。有効期限に関しては、必読かも。

AmazonS3上のファイルを国内でも高速配信可能なAmazon CloudFrontリリース : Media Technology Labs (MTL) : メディアテクノロジーラボ ブログ


Amazon CloudFrontの使用上の注意とTipsまとめ : Media Technology Labs (MTL) : メディアテクノロジーラボ ブログ


Amazon EC2のインスタンス障害に遭遇した - RX-7乗りの適当な日々

やはり障害は起こるみたい。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL

http://memolet.blog22.fc2.com/tb.php/1177-bbdfe0c9

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。