スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイルアプリケーションストアについて

スマートフォン向けAppStore、アプリケーション配信サービスをまとめてみた « 突然消失するかもしれないブログ

いっぱい調べてある。


ちょっと表を作り替えてみた

スポンサーサイト

Yiiが良さそうにみえる

Yii PHP Framework: Best for Web 2.0 Development


資料

はじめてのyii.ppt :: handsOut.jp

この資料の中にでてくるフレームワークのベンチマークでyiiが最速となっている。CodeIgniterとも比較にならないくらい。


2009年のPHPフレームワーク :: handsOut.jp

これ見るとyiiとか使って良いんだろうかって思えてくる。
symfonyってどうなんだろう。OpenPNEも使ってるみたいだし。


Related:

::memolet | PHPフレームワーク

OpenSocial API で Owner ID を取得する

ラボブログ : OpenSocial入門 アーカイブ
OpenSocial で Owner と Viewer の ID を取得する ( ラボブログ )

これ使えるかな。後で試してみよう。
いや、これ gadget で JavaScript だから。


<![CDATA[
<script type="text/javascript">
var req = opensocial.newDataRequest();
req.add(req.newFetchPersonRequest('OWNER'), 'owner');
req.send(function(data) {
  var owner = data.get('owner').getData();
  var oid = owner.getField(opensocial.Person.Field.ID);
});
</script>
<div id="displayId"></div>
]]>

メール文例の参考に

使えるビジネスイングリッシュ|コラム|AsiaX Column

「英文Eメール再入門」とかあって、日本語でのメールの文例の参考になる。


すごいこれ“Pangaea”

手書き作図インタフェース Pangaea

手書きの結果が丸とか四角とかに認識されるのは便利。 すごいんだけど、マウスとかトラックパッドでできるといいなぁ。
iPhoneとかでできてさぁ、BluetoothとかWifiとかでさぁホワイトボードとか他の機器と連動できたら便利かもね。


ワイヤーフレームツール 自分用ラウンドアップ

ワイヤーフレームツールサイト

10 Free Wireframing Tools for Designers

2010-07-16:新しいリストいっぱい


Mockingbird

配置できるパーツが結構好き。でも画像とかにエクスポートできなくて残念。日本語も入力可能だったりするんだけど、入力し難い。
HTML5?


Cacoo - Web上で図の作成とリアルタイムコラボレーション

日本のサイトでしょ?画像にエキスポートできる。もうちょっと触ってみたい。
ステンシルがもうちょっとないときびしいかもしんない。
flashだった。


MockFlow: Online Wireframe Tool for Software and Websites

PNGなどでエクスポート可能。


Home - Pencil Project

firefoxのエクステンション?それともXULアプリか。


見本

strange systems: Using Wireframes (Revised)

下の方にテンプレートがあってその画像が参考になるかな


会話技術サンプルだぁ...

★ セールストーク(営業トーク)用語集  NLP技術/説得技法を活用した営業コミュニケーションテクニック | アタックスグループ組織営業力アップセミナー

会話技術の一覧とそれぞれに簡単な実例とか。おもしろい。
後でも一回読む


OMake だって

1. ガイド - OMakeマニュアル 日本語訳

基本的にはmakeの拡張なイメージで良いんだろうか。autoconfとかautomakeとかの機能は含んでいないような。そうだとすると、まだcmakeの方がいいかなぁ。


映像奮闘記: OMakeでSphinxを自動継続ビルドしてみよう

この記事でOMakeって何と思って見てみた。


C# でビルド構成ごとに参照するDLLを変えたかった

momo2 web - Tips

まさにピンポイントでやりたいことの解答が解説されている。


DebugビルドReleaseビルドで参照するアセンブリを変えたい

ここから辿った。


.csproj の該当箇所を以下のように変更するといいらしい。

<ItemGroup>
  <Reference Include="ClassLibrary1, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, processorArchitecture=MSIL">
  <SpecificVersion>False</SpecificVersion>
  <HintPath Condition=" '$(Configuration)|$(Platform)' == 'Release|AnyCPU'">.\lib\Release\Library.dll</HintPath>
  <HintPath Condition=" '$(Configuration)|$(Platform)' == 'Debug|AnyCPU'">..\lib\Debug\Library.dll</HintPath>
</Reference>

csharp-mode

C# for Emacs - Moonfire Games

過去ログを参考に、ここのを使ってみた。
以前もここのを使ってたようで、23.1だけど .emacs への設定も変更なしで使えた。


csharp-modeを追加する - nyaagoの日記

結局参考にはしなかったけれど。メモ。


Emacs/MeadowにC#モードをいれてみる - うっかりプログラミング日誌

私が使っているのとは違うのの解説だけど、メモ。


Related:

::memolet | CSharpMode

ロイヤリティフリーだからといって無料とは限らない

Royalty free stock photography search engine / Cyclo.ps / One eye. One source. Full view.

試しに検索してみたらたくさんでてくるんだけど、無料じゃなかったよ。さすがに flickr は無料なんだろうけど...


ロイヤリティフリーの写真画像を簡単に探すことができる -Cyclo.ps. | コリス

紹介記事。


iアプリで maven 使いたいけど

Maven J2ME Plugin - About

このプラグインで preverify はできそうだけど JAM ファイルは無理かな。後で試してみないと。


Trac から redmine への移行できる

Redmine.JP | 他システムからの移行

rake redmine:migrate_from_trac RAILS_ENV=“test”
’test’は移行先のRedmine環境です(通常はproductionなど)

あとで調べられるようにメモ。


Trac から redmine への移行

参考元記事。


trac 向けの Subversion コミットコメントコマンド

[Think IT] 第4回:チケットとソースコードを連携せよ! (1/3)

references, refs, addresses, re, see
close, closed, closes, fix, fixed, fixes
チケット番号指定は、#nticket:n
複数指定は、, and & で繋ぐ


C# で Bitmap 使う

C#|Bitmap処理の高速化

サンプルコードでBitmapを速く扱えるらしい。それだけじゃなくてunsafeとかfixedとかdelegateのパラメターとしての受け渡しとかポインタとかいろんな要素あり。


using まとめて書ける

C# の using ステートメントによる Dispose()

using ステートメントを連続で書くのにわざわざ入れ子にして書かなくちゃ駄目なのかなって思ってたら、この記事によるとまとめて書けるらしい。これは便利。
だけど、この表記が可能だってどうやったらわかったんだろう。C#の仕様書をざっと見た感じではわからなかった。


using はまとめて書くことができる。後に書いた物ほど先に解放される。とのこと

using ( ... )
using ( ... )
using ( ... ) {

}

ZIP形式の仕様

今までZIPの中身なんて気にもしてなかったけれど、調べてみると案外単純な形式をとっていることが判った。無圧縮だと自前で展開するのも簡単にできると思う。


openssl ってコマンドで、しかも暗号・復号化できるんだって知った

OpenSSL: Documents, enc(1)

openssl の enc で暗号化・復号化。そのドキュメント。


OpenSSL Manual Translation - enc(1)

上記マニュアルの和訳かな?


すみっこのメモ - opensslを使って暗号化・復号

暗号化、復号化使い方例。


で、RC4で暗号・復号化されたファイルなどをコマンドで復号・暗号化するには以下のようになる。
-Kで鍵を指定できるが、16進表記で指定しないと駄目だった。以下の例だとASCIIで0000000000000000の鍵。

$ openssl rc4 -d < crypto > decoded -K 30303030303030303030303030303030
$ openssl rc4 -e < cleartext > crypto -K 30303030303030303030303030303030
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。