スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pprocessing/Proce55ing Roundup

processing.orgからWindowsなるものをインストールしてみた。がjavaのランタ イム(1.4.?)も含まれており、自分の環境(1.6.0.x)では例外出て動きませんで した。
Windows(Without JAVA)っていうのをインストールしたら動いた。

■基本

Processing 1.0 (BETA)


Processing 1.0 _ALPHA_ ≫ Reference

日本語リファレンスマニュアル

Processing.jp

日本のポータルらしいけど...現在のところ更新停滞中

■入門

プレゼンテーション法

3DCG プログラミング(1):pdfファイル。いくつかサンプルが載ってい て...あれが良かった。

■サンプル

FLASH+α: Processing 「ブレンドする方法」

OpenGLのAPIを使ったサンプルなど。特にこのアルファブレンド記事が 気になったので。

LeaveBehind ≫ Proce55ing

デモいっぱい。きれい。

[ harukit ] - proce55ing sketchbook

習作を公開なさってます。

Classiclll's Proce55ing Test Page

遊んだ残骸とのことだが、いっぱいある。

■はてな...で

proce55ingとは - はてなダイアリー

日本語マニュアルへのリンクあるし、よくまとまっている。それと proce55ingを含む日記がわかる。

はてなブックマーク - タグ proce55ing

はてなブックマーク - タグ proce55ing
これは閾値20で人気ブックマーク

はてなブックマーク - Processing 1.0 (BETA)

processig.orgを含む、はてなブックマークと日記のリスト。なので、 動向がつかめるかなと思って。

スポンサーサイト

FireAntどう?

Odeo and FireAnt living under the same roof

今は主流から外れてしまったけど、FireAntっていうvideo podcasting アグリゲーターがあった。ダウンロードの手段としてBitTorrentも選べ るということで注目してた。だが、ODEOっていうpodcastingサイトがあっ て、それらの会社が買収されたりで、結果ODEOとFireAntが同じ親会社? の元連携するよって話かな...。
それはさておき、FireAntのUIが以前より洗練されてる。

winsock2でaccept()を中断する

Make accept() stop [Archive] - C Board

WSAEventSelect()でWSAWaitForMultipleEvents()でaccept待ちをキャン セルするには、キャンセル用のイベントオブジェクトを別に用意してシ グナル化すればできるという記事。
closesocket()やWSACloseEvent()でブロックが中断されるかと思ったが、 WSAWaitForMultipleEvents()から抜けてこないので、googleで検索して やっと上記記事を見つけた。

ソースコードクロスリファレンスツール

ソースコー ド解析用のツールで見つけてたGNU GLOBALの方がお手軽で良い気がする けど、OpenGrokとかいうの見つけたので。
OpenGrok at OpenSolaris.org

javaでservletっぽい。servletコンテナ必要ってのがね...

LXR - * OpenGrok

LXRとOpenGrokの解説

Zopeジャンキー日記 :SourceCode

LXR、OpenGrok以外にも

OpenGL Demo Sites

Brad Smith's Homepage

デモ(実行ファイル付)と解説、けっこうかっこいいのある。

Bonzai Software

ここもそれなりに凝ったデモある。

OpenGL Tutorial(国外) Roundup

GameDev.net - Articles & Resources

OpenGL以外にも記事やリソース多数有。

NeHe Tutorials

gamedev.netのチュートリアル。40以上もある。

NeHe Productions: Main Page

上のNeHeチュートリアルのホーム。こっちの方からサイトのリンクを辿っ た方がサムネイル付きでわかりやすいかも。

Full Scene Motion Blur - The Code Project - OpenGL

うちのノートPCでもかろうじて動く。モーションブラーだけだけどいい 感じ。

Zanir - OpenGL programs 10-19

OpenGLのソース付きサンプルが40も。けどサンプルの実行ファイルがフ ルスクリーンなので注意。

OpenGL Delphi Pascal Projects - Page 1

パスカルだけど、サンプルがソース付きでたくさんある。

oZone3D.Net Tutorials - OpenGL and GLUT - C++ 3D Lighting Mesh Texturing Vertex Buffer

会員登録をすればサンプルをダウンロード可能。登録は無料。

OpenGL - Lessons

ソース付きのはないけど、解説。

Paul's Projects

BSDライセンスかな。けっこうキレいなサンプルが多数。でもぉ...拡張を使ったものもいっぱい。動かせないよ。ソース。


ゲーム開発の参考?サイト

以前このサイトのどこかから、3Dの技術解説のドキュメントを落してきたはず なんだけど、どこだっけ。
Gamasutra - The Art & Business of Making Games


SGIのOpenGLにまつわるサイト

SGI - oss.sgi.com: Open Source at SGI

SGIのオープンソースプロジェクトサイト。
その中のグラフィックス関連プロジェクトにOpenGLがある。
サンプルや拡張レジストリの説明が要チェック。

SGI - Developer Central Open Source | OpenGLR Sample Implementation

[top]-[Project List]-[Graphics Projects/OpenGL© Sample Implementation]-[OpenGL Resources/Extension Registry]

グリッドネットワーク

そいえば、国内のP2P配信ものってP2Pではなくてグリッドと名乗っていること が多い。やっぱりP2Pのイメージを嫌ってのことだろうか。
グリッドが網羅している範囲は広い。P2Pとかオーバーレイネットワークとか はグリッドのいち領域のようだ。
グリッド協議会


産総研:グリッド研究センター


デバッグ時のマジックナンバー

最近、0xfeeefeeeの読み込みエラーなんかを出してて思いだした。そういえば こういう値って何かしら意味があるってこと。0xfeeefeeeそのもので検索した ら簡単にヒットした。0xfeeefeee以外にも良く見かけるものがたくさんあった。 そゆこと。
太郎犬そして彼は☆になった - 0xfeeefeee

最初のとっかかり。0xfeeefeeeだけ意味説明。

デバッグにおけるメモリ

他のものちょっと説明。けど、リンクは有用なのある。ここから...

Win32 Debug CRT Heap Internals

win32環境の多数の値が列挙されている。

Magic number (programming) - Wikipedia, the free encyclopedia

マジックナンバーの中でもマジックデバッグ値として様々なプラット フォームのものが挙げられている。

cygwin+mingwでOpenGLコンパイル

CygwinのmingwでOpenGLをコンパイルしたい。
環境を整えた上で、以下のフラグで出来た。
gcc -mno-cygwin -mwindows -o hello hello.c 
  -DWIN32 -lglut32 -lglu32 -lopengl32
  1. -mono-cygwinは、mingwでコンパイルするように指定
  2. -mwindowsは、cmd.exeのコンソールの表示を抑制する
  3. -DWIN32は、なくてもいいと思う(ヘッダに該当マクロが見当らない)
  4. -lglut32 -lglu32 -lopengl32は、この順番で
環境は、普通にCygwinをsetup.exeにてインストール。パッケージは、gccと mingwとopenglをインストール。
GLUTは、GLUT - The OpenGL Utility Toolkitか らPre-compiled Win32 for Intel GLUT 3.7 DLLs for Windows 95 & NTをダウンロード して、DLLをパスの通った場所に配置。
GLUTは、2系統のバイナリが配布されているが上記のランタイムじゃないと無 限ループ?になってOpenGLアプリが終了しない。

どこから落としたか分からなくなったが、これPre-compiled Win32 for Intel GLUT 3.7 DLLs for Windows 95 & NT glutdlls37beta.zip のモジュールを使う と Close しても大丈夫だった。

■参考

CygwinでOpenGL/Glutを使う方法

とっかかり。

OpenGL によるクロスプラットフォームなGUIプログラミング(pc覚え書き)

最近の記事で、同じことをしている。現在はこのやり方に辿り着くとい うことか。すぐに陳腐化するかもしれないけれど。

■MAlib

Nate Robins - OpenGL - GLUT for Win32のDLLで、終了しないと言及されている。 同様の事例を探してみたけど、ここくらいしかない。このDLLでみなさ んちゃんと終了しているのでしょうか。

■メモ

チュートリアルとかコピペで試してるときに作ったMakefile。
(Cygwin+Mingw、glutのライブラリとかはカレント)
CC       = gcc
SOURCES  = $(wildcard *.c)
TARGETS  = $(patsubst %.c,%.exe,$(SOURCES))
#TARGETS  = $(SOURCES:.c=.exe)
CFLAGS   = -mno-cygwin -DWIN32
LDFLAGS  = -lglut32 -lglu32 -lopengl32
INCLUDES = -I.

all: $(TARGETS)

%.exe: %.c
        $(CC) $(CFLAGS) -o $@ $< $(INCLUDES) $(LDFLAGS)

.exeがcygwinかmingwかを区別する方法

% objdump -p hello.exe |grep "DLL Name"

DLL Name: cygwin1.dll
DLL Name: KERNEL32.dll

% objdump -p hello.exe | grep "DLL Name"

DLL Name: msvcrt.dll
DLL Name: KERNEL32.dll

でcygwin1.dllかmsvcrt.dllがリンクされているかで区別する。
■Cygwinとmingwを区別する方法。


仮想関数テーブルへのポインタをキャストする

多重継承のクラスでダウンキャストをする際にエラー起してたのを調べてて以 下のサイトを見つけた。
それとC++ で 多重継承 を使ってを見て、もしやと思いreinterpret_castから dynamic_castに書き換えたらエラーでなくなった。
C++言語 パフォーマンス - redstrange Wiki*

良くまとまっている。だけどC++の高速化ってどこまで高速なんだかわ からない。書き方が悪いことで、どこまで全体に影響を与えるのか。ボ トルネックの部分を解消するだけじゃ駄目?

C++ Labyrinth

キャストなんてコンパイラの警告に従って種類を変えてたけれどあらた めて意味を再確認した。

感度高めなリンク

t-potアンテナ(仮)

結構昔から続いてきたアンテナ。感度高め。

はてなブックマーク - memecyのブックマーク / study

ここも感度高め。

"On Lisp" 日本語オンライン版

On Lisp

書籍化されたのは気にはなってたんだけど、元はオンライン版だとは知 らなかった。ちょっとずつ読んでみる。つまり後で読む。

エフェクト

[t-pot] PROGRAMMING

主にDirectX。ポストエフェクト、影など

OPEN PROGRAMING

キーフレーム補間、フィードバック系エフェクトなど

フィードバック - Radium Software Development

フィードバック、グレアなど

RPGの戦闘開始のエフェクト - PSEmu.jpn.org

実際のエフェクトってこんな風に使われているんだとか思った。静止画 だと比較的わかりやすい。

ステンシルバッファ

sonson@Picture&Software - [OpenGL] ステンシルバッファ

うー、ここの説明が一番わかりやすかった。

携帯電話スペック一覧ですって

携帯端末スペック一覧 - ke-tai.org

この携帯電話スペック一覧の網羅度はすごい。が、他の情報については まだまだかもしれない。

オーバーレイネットワークグリッドソリューション

グリッドストリーミングソリューション 「CastOnDemand」

韓国企業が開発した技術を元にオーバレイマルチキャスト配信ソリュー ションを提供している。
この会社AmiNETも取り扱ってる!

ちょっと前のP2Pコンテンツ交換システム

Cognyダウンロードサイト

P2Pによるコンテンツ交換方式らしいが...

CRL - Cognitive Research Laboratories - コグニティブリサーチラボ(株)

関連してる?

携帯電話向けGPU

GSHARK-TAKUMI TECHNOLOGY | TAKUMI Corporation

"組込み機器や、携帯電話などの携帯情報機器向けに開発したハードウェ ア・2D / 3Dグラフィクス・エンジン・IPコア"
東芝の携帯向けGPUにも驚いたけれど、この会社のGPUも結構性能高いよ うだ。株式会社エイチアイとモバイル向け3Dグラフィクスの技術提携を しているとのことなので、もしかしたら国内の携帯の3Dコアってこれが 使われてたりするのかもしれない。

NTEmacs JP

FrontPage - NTEmacs JP Project

Meadowのフィードバックされたやつだっけ。普通にMeadowと同じくらい の完成度。使える。Meadowとフォント周りやIMなどが異なるようだけど そんなに難しくなさそうだし。でも何といっても、Meadowと比べて何が いいってアイコンがいい。機能的にはどうかわかんないけど、アイコン がMeadowと比べものにならないくらいいい。

Web本棚

ブクログ -WEB本棚サービス-

amazonと連携しており、ajax?によるサムネイルで実際の本棚に見立て たリスト。

本棚.org

結構、前からあるサービス。オーソドックス。同じ本を蔵書している人 を辿っていけるのがいい。

masafumiの本棚 : Booklog

3D系の蔵書

ケータイP2Pフレームワーク

ケータイP2Pフレームワーク「Spear」に最新版 - @IT

携帯でのP2Pライブラリ。BERWって直接相手先の端末と通信可能なんだっ け?それにしてもゲーム向けとある。携帯コンテンツって本当にゲーム しかないのかよとか思う。

OpenGL Primer

OpenGL入門

かなり分かり易い気がする。解説のサンプルコードもコピペでほぼ実動。 基本的な API の解説も必要なものは網羅されている感じ。


GLUTによる「手抜き」OpenGL入門


ボロリン | 3DCGプログラミング | 水面で反射...


[t-pot] PROGRAMMING


T.Teranishi:OpenGL

寺西さんによる入門記事。prog1_x でサンプルコードもある。


メニュー - OpenGL de プログラミング - livedoor Wiki(ウィキ)

スフィアマッピングとかステンシルバッファとかマウスで3次元位置の取得とか


OpenGL Programing

mesaへのリンク。マテリアルの設定説明、とかを参考


OpenGL Download, Manual

GLUT - The OpenGL Utility Toolkit

glutの配布元と思ったら下の方のバイナリが最新らしい
opengl.org

Nate Robins - OpenGL - GLUT for Win32

最新版?のGLUT for Win32。APIリファレンスもある。

GLUT API, version 3

glutのAPIリファレンス

The OpenGL Reference Manual - The Bluebook

OpenGLのリファレンスマニュアル
opengl.org

OpenGL ES - Embedded 3D

リファレンスマニュアルは、ここから辿れる
khronos.org

WGL and Win32 Functions and Structures

MSDN2のwglリファレンス

OpenGL Reference Pages (WGL)


OpenGL

nVIDIAのデベロッパゾーン。ここからOpenGL SDKやFX Composerを落と せる。

DevIL画像ライブラリ

DevIL - A full featured cross-platform Image Library

マルチプラットフォームのイメージライブラリ。ライセンスはLGPL。対 応画像フォーマットを確認すると確かに現在流通している主なフォーマッ トを網羅している(.dds,.psd,etc...)。
OpenGL ESのサンプル実行するのに必要だったので、それで知った。

COLLADA : Roundup

COLLADAいいんだけど、まだDDC(Digital Content Creation)ツールの対応状況 に難ありという印象。モデルデータは出力できてるみたいんなだけど、アニメー ションさせるといった場合に難易度上るというか、そんなもの?
だいたい、COLLADAのデータが正しいかどうか判定するためのリファレンスビュ ワーみたいなのが安いとはいえ有料だし。ま、FX Composerでかなりのとこま でCOLLADAを再現できてるみたいだけれど。
ツール間の受け渡し可能なフォーマットとして、XSIで出力したCOLLADAファイ ルを3Dsで再生可能なんだろうか。
COLLADA - Digital Asset Exchange Schema for Interactive 3D


COLLADA.org community

現在のところ、COLLADAに関する主なリンクはここから辿れる。

abi.exdream.com - Benjamin Nitschke's Blog - Skeletal Bone Animation and Skinning with Collada Models in XNA

COLLADAのモデルを使ったボーンアニメーションとスキニングのXNA実装

tomcatトラブルシューティング

【真夏の夜のミステリー】Tomcatを殺したのは誰だ? (1/3) - @IT

Tomcatの運用事例というかトラブルシューティングへの対応例。とても 参考になる。

IOCPについて

非同期 I/O (4/4)

IOCPの情報少ない。その中でも最もわかりやすい記事。この記事あれば 他の情報いらないか。イベント待ち最大64個までという制限から WindowsではIOCP使った方がいいのか?OVERLAPPED IOでも64以上の接続 いけそうな気はするんだけど(イベント待ちしないでCompletionRoutine だけで実現すれば?)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。