スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WMIのパフォーマンスカウンタ

WMIで簡単にパフォーマンスカウンタで負荷を測定するには、 Win32_PerfFormattedData_xxxを使うといい。けれども、この Win32_PerfFormattedDataシリーズは、XP以降でしか対応していないみたい。 Windows2000でも対応させる場合、Win32_PerfRawData_xxxを使うことになる。 Win32_PerfRawData_xxxは、Win32_PerfFormattedData_xxxと比べて本当に Rawデータで、実際に測定値として可読性のあるデータとして使うには計算 が必要になる。

例えば、Win32_PerfRawData_Tcpip_NetworkInterfaceの BytesReceivedPerSec(バイト受信量/秒)を取得したい場合、以下の公式で求 まるらしい。

(N1- N0) / ((D1-D0) / F)
N採取したサンプルデータ。例:BytesSentPerSec
D採取した経過時間(Ticks)。例:Timestamp_PerfTime
FTicks/秒。例:Frequency_PerfTime
添字は、0は1より前に採取したデータを表します。採取する間隔が1秒以上 だと平均の"/秒"になります。

スポンサーサイト

WMIのネットワークインターフェース名

Win32_PerfRawData_Tcpip_NetworkInterfaceと Win32_NetworkAdapterConfigurationで同じネットワークインターフェー スの情報を採取したかったので、ネットワークインターフェース名で両者 を結び付けようとした。そこで、 Win32_PerfRawData_Tcpip_NetworkInterfaceのNameと Win32_NetworkAdapterConfigurationのDescriptionを使った。当初は、う まくいくものと思われた。だが、ネットワークインターフェースによって は、異なるものがあった。
例えば、"()"が"[]"となっていたり、"/"が"_"になっていたりしたのだが、 こういうのものなのだろうか。

そもそも、Win32_NetworkAdapterConfigurationでネットワークインター フェースに割り当てられたIPアドレスを取得し、 Win32_PerfRawData_Tcpip_NetworkInterfaceで同ネットワークインター フェースのパフォーマンスを計測しようと考えていた。でも、同じネット ワークインターフェースで結び付けることができないので、それぞれを人 によって選んでもらわなければならなくなってしまう。どうにかならない ものか...。

WMIスクリプトサンプルいっぱい

Performance Counter Samples - (ActiveXperts Software)

WMIの値がどのように取れているのか確かめるのに上記サイトのスクリプトを使ってる

WMI

[00031247] Re[3]サービスでのユーザ名、ドメイン名取得方法(belution.com)

VCなら上記サンプルコードが非常に参考になる。
というか必要最小限かつそれぞれの設定が必須なんじゃないだろうか。
でもwhile(enumerator)は、MSDNを参考にしたようだけれども変な気がする。

WMI Fun !! ~ WMI に興味がある方・システム管理者必見 !! ~

WMIのVBScriptによるサンプル集なサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。