スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もいっかいGTD

GTD 再入門 (1) なぜ、いまさらもう一度 GTD なのか?
GTD 再入門 (2) あなたの頭脳の中の高速道路 | Lifehacking.jp
GTD 再入門 (3) 「お仕事です、旦那(お嬢)様」GTD は仕事の執事であることについて
GTD 再入門 (4) 常に「次にやることが」わかる GTD の簡単なルール

以上の記事で、GTDシステムの見直しをする。


works4Life season V » Blog Archive » GTD Handling 2007/06 (9) レビュー

ソース:GTD の週間レビューを自動化する Outlook のスクリプト
レビューを家と会社で分けるのは同意。チェックリストをユースケース みたいに上から順番に1つ1つ処理していくやり方はいいと思う。是非取 り入れたい。


スポンサーサイト

失敗してもいいじゃない

Forgot the Milk. - 失敗から学ぶ「GTD」 | 10の記事が語るGTDの落し穴

確かにGTDって人の成功例よりも失敗から学ぶ点がかなりあるかもしれ ない。自分もずっと居座っているタスクを片づけるのがなかなか出来な かったりする。そういう失敗に対するヒントがスピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術には書かれていた。
タスクは細切れに...

GTDリソースリスト要はリンク集

Massive GTD Resource List | zen habits

確かにたくさんのリストが掲載されている。後で見る。

GTDの欠点ですって

GTD の欠点(?)を狙い撃ちする新システム、Zen To Done | Lifehacking.jp

とりあえずメモφ(・ω・ )

GTDツールメモ

自己実現寺:GTDツール まとめ - livedoor Blog(ブログ)

最近では、ノートに手書きでっていう形がベストな気がしてきた。けれ ど、オンラインのツールでどこでもという現在のやりシステムも便利で はある。携帯電話のオフラインアプリケーションで出来たらさらにベス トかなぁ。

ThinkingRockかぁ

自己実現寺:最強のオフラインGTDツール "ThinkingRock" - livedoor Blog(ブログ)

オフラインのツールかぁ。複数PCでの共有ができないことを考えると、オフラインでやるならノートの方がいいかも。

A4からメモ帳

ITmedia Biz.ID:A4用紙で自分だけのメモ帳を作る

なんかちょうどいい大きさのメモ帳が作れるっぽいので、今度作ってみ よ。実際に作ってみないと使い勝手とかわからないだろうし。

MacのGTDソフト

[&] Actiontastic - 安藤日記さんより

KaBlog: Actiontastic 0.9

MacOS X の慣れたインタフェースで
GTD(Getting Things Done) できる専用ツール。
iCal やメールとうまく連動していて、単なる ToDo リストより
ちょっと便利な使い方ができる。
こいつがネットワーク連動できたりすると、もっとすごいな。

MacOSのツール。使ってみたい...

整理フォルダ

GTDで収集->処理の流れで仕分けされた事柄は、基本的には以下の4つのフォルダに仕分けされることになるかと思います。

  • Projects
  • Maybe/Sometime
  • NextActions
  • References

このNextActionsについては状況別に分類することで、次の行動を選択しやすくなります。この分類には、個々人でカスタマイズされたものになっているかと思います。
私の場合、Remember The Milk上のリストを以下のように分けています。

  • 受信箱
  • @Computer
  • @Home
  • @Office
  • @Errands
  • CheckList
  • Ideal
  • Maybe
  • Projects
  • Read/View/Listen
  • Wishlist
  • 送信済み

@がついたものが状況別の次の行動リストになります。当面は、この分類で運用しようかと思っています。
以下の方々の分類も参考にしました。

メモについて

記憶が確かなら、GTD本ではメモについての方法論が述べられている。どこでもメモれるようなツール(PDA、ノート、ペン)を携帯しよう、紙とペンがシンプルで良いね、文具もかっこいいのを使うと気分良いよとか...。そして、メモしたものは整理して要らないものは捨てるといったこと。
こういうのって巨万の富をつかむ「メモる技術」でも同様のことが書いてあった気がする。この本を読んだときは、メモ大事。メモしようと思って紙とペンを携帯してしたけれど、メモすることに気がとられて後で整理することをしていなかった。結局長続きはしなかった。
今回もいつまで続くかわかんないけど、継続は力なり!だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。