スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PostgreSQL 評価

「PostgreSQLは遅い」は本当か?:OSSデータベース比較 - データベース/データ管理 - page4 - ZDNet Japan

最新のものだと十分速いらしい。ただしチューニングは必要らしいけれどぉ...。
[PDF]PostgreSQL vs オープンソースRDBMS 性能徹底比較!


スポンサーサイト

CentOS5へのPostgreSQLインストール

CentOS5でyumでPostgreSQLをインストールした。だが、リモートからの接続が できなくて試行錯誤した。結局 postgresql.confの設定をしたらすんなり繋がっ た。旧環境(FC6)では postgresql.confの設定はしていなかったが接続は可能 だったのに。
PostgreSQL 8.2.3 インストールメモ - ぼちぼちいきましょ

postgresql.confの設定を参考。

PostgreSQL(DBサーバー)/Fedora Core3

SELinuxの設定に関する記述がある。
けど、postgresql.confの設定は古いみたい。

PostgreSQLのあまり使わないコマンド

覚えたこと。とっかかりだけ、詳しくはドキュメントを。
dropdb
データベースの削除
pg_dump
ダンプ
pg_restore
バイナリダンプの復元
pg_dumpall
テキストでの全ダンプ
PostgreSQLの覚え書き


PostgreSQLダンプ リストア pg_dump pg_restore (CentOSサーバ構築術 CentOS4.4 CentOS5 文具堂)


高可用性なPostgreSQL

postgresもpgpoolが充実してきているので高可用性なサーバーに適用できそう。 単純にスケールアウトできたりすんのかな。
pgpool-HA site.

pgpool-HA 1.1.0ではpgpool-IIに対応したようだ。

PgFoundry: pgpool: Project Info

pgpool,pgpool-II,pgpool-HAがダウンロードできる。

セミナー資料 - SRA OSS, Inc. 日本支社

「高可用性を実現する PowerGres HA のご紹介」

PostgreSQLで押さえておくサイト

PostgreSQL日本語ドキュメント

リファレンスが大雑把な気がする。もっと詳しい説明はどこかにないか?

PostgreSQL JDBC Driver

JDBCダウンロードが出来る。

初期設定手順

 1  postgres> initdb -D /var/lib/pgsql/data
 2  root>     /etc/init.d/postgresql
 3  postgres> createuser -a -d --user=postgres -P postgres -> 作成済みと言われた
 4  postgres> createuser -a -U postgres -P [db name]
 4  postgres> createuser -P -s -e postgres
 5  postgres> createdb -U postgres -O [owner] -E EUC_JPUTF-8 [db name]
 6  GRANT SELECT,INSERT,UPDATE ON t_account TO [owner]; -- postgres ユーザにて
  1. データベース実体を指定したディレクトリに作成
  2. rootでpostgresqlの起動
  3. スーパーユーザー(DB作成権限付き)の作成
  4. postgres権限で[owner]ユーザーの作成
  5. postgres権限で所有者[owner]、DB名[db name]、エンコーディングEUC_JPのデータベースを作成
  1. それから、$PGDATA/pg_hba.confを修正してUNIXドメイン接続の設定を行う
  2. local all [db name] md5 sameuser
  3. portmasterかpg_ctlには"-i"オプションを付けないとTCP/IP接続はできない(port:5432のソケット経由)
  4. 同時に、$PGDATA/pg_hba.confにもTCP/IP接続での許可設定を追加
  5. host all [db name] 127.0.0.1 255.255.255.255 md5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。