スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の方の書評

[本] ビジョナリー・カンパニーを改めて読んでみたのでメモを書き散らかす - capsctrldays (2008-09-15)

この本、なるほどなるほどとかって感心しながら読んだのに、この方は否定的な 意見を表明されていてそんな見方があるんだぁとさらに感心。


ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
「知的創造のヒント」外山滋比古(ちくま学芸文庫) | Lifehacking.jp

ちょうど読んだばかりの「思考の整理学」について言及されていたのでメモ。この本は、 書店のポップにつられて買ってみた。確かに書いてあることは最近のライフハック的な ことで、これが結構前に書かれていたらしいのには感嘆する。でもなんか淡々と書かれ ているような印象があって頭に残らない感じ。
アイデアのつくり方 にもつうづるところがあるなぁなんて。


4480020470 思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)
スポンサーサイト

ちょっといいセレクト

Amazon.co.jp: "システム系【ベスト】とにかく読め"

なるほどと思わせるシブいセレクト。
なにこのリストマニアって、探し方がちょっとわからない。


レバレッジ本

これを読んでおくと読書スピードが速くなる。自己啓発書編。ついでに知的生産編:[俺100]

TODO:紹介されている本をamazon.co.jpのウィッシュリストに追加する。

Web本棚

ブクログ -WEB本棚サービス-

amazonと連携しており、ajax?によるサムネイルで実際の本棚に見立て たリスト。

本棚.org

結構、前からあるサービス。オーソドックス。同じ本を蔵書している人 を辿っていけるのがいい。

masafumiの本棚 : Booklog

3D系の蔵書

ビジネス書/自己啓発

これを読んでおくと読書スピードが速くなる。自己啓発書編。ついでに知的生産編:[俺100]

レバレッジ・リーディング でもこの記事の方でも1日に2、3冊は本を読まれるとのこと。速い遅い はともかく、何でそんなにお金をつぎこめるのかがわからない。1冊 1500円としてもひと月に4、5万円かかるよ。
このような方が共通して薦める必読な本を厳選して、少しずつ読むよ。

読んだ

大雑把にまとめると、コンサルティングの視点から企業を成長させる過程を描いた事例の話です。企業で働く人々が劇的に変わっていく様が非常におもしろく、一気に読めました。
中でも、問題を把握してその答えはクライアントの中にあるというようなコンサルの方が駆使している方法は、問題解決、コーチングなどに通じるのではないかと思い至った。この本を読み返そうとは思わないけれど、コーチングの本はもう一度読んで復習しようとか思った。

本の系統図

ある技術が流行ると、それに関連した技術本が乱発して出版される。その中には良書もあればあまり芳しくないものもあります。いつもそれらの本の中からどれを選んで読んだらいいのか迷います。そこで、大体巻末に載っている参考文献や著者履歴などを参考にしています。その本自体が良かった場合、参考文献に載っている本をさらに読むこともありますが、大体それが当たりだったりします。参考文献を辿ると一冊の本に集約されることも多々あります。その本は、その分野のバイブルでブレークスルーを起こしている非常な良書であることがほとんでです。その大元である本や派生したての本を2、3冊読めば、その技術関連ではもう十分おなか一杯ということもあるのではないでしょうか。

そこで、参考文献などを基にした本の系統図があるとおもしろいなぁと。本の表紙とタイトルが3Dで表示されていたりして、1冊選ぶとずるずると派生を辿れたりするようなの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。