スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sbt メモ

始める sbt - ようこそ

読んだ。これ読む分には簡単そうなんだけど...。実際使うとなると色々難しいかもしれない。
eclipse化もできそうだが、やはりsbtはないかも。mavenで。

スポンサーサイト

ちょっと自動配備のために

Capistrano, Puppet, and Chef – Slow Blue Camera

スライド資料。


InfoQ: Unixオーケストレーションまとめ: プログラム可能なシステム管理ツール

オーケストレーションツールって言うんだって。 結構いろいろなツールに触れられている。


OMake だって

1. ガイド - OMakeマニュアル 日本語訳

基本的にはmakeの拡張なイメージで良いんだろうか。autoconfとかautomakeとかの機能は含んでいないような。そうだとすると、まだcmakeの方がいいかなぁ。


映像奮闘記: OMakeでSphinxを自動継続ビルドしてみよう

この記事でOMakeって何と思って見てみた。


MSBuild Extension Pack

InfoQ: 170のビルドタスクを提供するMSBuild Extension Pack

拡張のタスクないと使えない気もするので


Related:

::memolet | MSBuild Roundup

MSBuild Roundup

VisualStudio.NETだけで、外部への公開用のヘッダやライブラリをコピーする のは無理がある。では、automakeでのinstall、distやdist-zipなどのインストー ルや配布パッケージの作成をVisualStudio周りのツールで実現するには何がよ いだろう。今ならNAntやMSBuild、SCons,Rake,Antなどがある。なるべく追加 で依存パッケージをインストールしなくてもビルドやインストール、配布パッ ケージの作成ができるようなものがいい。そうすると、.NET Framework 2.0を インストールしていれば既に組み込まれているMSBuildが最適となる。
そこで、MSBuildについて調べた。以下に参考リンクを示す。
調べた結果わかったのは、MSBuild単体は機能も多くないのですぐに使えると いうこと。逆に機能が少ないので、やれる範囲が狭い。だが、 The MSBuild Community Tasks Projectのような追加のライブラリを使えばかなり色々なことが可能に なる。いや、The MSBuild Community Tasks使わないとZipパッケージ化もでき ないし。
The MSBuild Community Tasks Projectだが、配布されているインストーラでインストールしてみたが 現時点の最新のものではインストールできなかった。途中でXMLファイルが 開けないとか表示されてインストールが中断されてしまう。(参考: 2007-04-05 Mimori's Algorithms tDiary(2007-04))
そこで、.msiパッケージではなく.zipパッケージをダウンロードしてきて、展 開されたディレクトリの下のBuildディレクトリを丸ごとC:Program FilesMSBuild以下にコピーして手動でのインストールを行った。
実際に使用する際には、ビルドファイルに以下
<Import Project="$(MSBuildExtensionsPath)MSBuildCommunityTasksMSBuild.Community.Tasks.Targets"/>
を記述。$(MSBuildExtensionsPath)がC:Program FilesMSBuildのようだ。
MSBuild リファレンス

MSDNのオンラインマニュアル。ここさえ見れば使える。

MSBuild

MSDN内のMSBuildについての概要など。

[smdn] Programming/.NET Framework 2.0/MSBuildの使い方

準備からビルドまでの一連の流れを解説されている。ここのサンプルファ イルで雰囲気が掴めると思う。

MSBuildで、Zipファイルを作る ItemGroupがポイント

Zipファイルの作成方法について。Zip生成部分とメインのビルドファイ ルを分けているのでちょっとまわりくどい感じ。

CodeZine:MSBuildを活用して開発時の作業を自動化する(.NET, MSBuild, XML, ビルド)

条件分岐とエラー処理が参考になる。

ミッション:ビルドを自動化セヨ! - @IT

なんか変なんだけど、MSBuildとNAntのどちらを使うかということにつ いて言及されているので。

はてなブックマーク - タグ MSBuild

トレンド追っかけ用

SConsサンプル

SConsの事例として以下のコードを。簡素なものを選んだんだけど、SConsを忘 れたときに見返したら、何がなんだかわからないかもしれない。
nil/src/SConstruct - Google Code Search


/SConstruct - Google Code Search


oregano-0.60.0/SConstruct - Google Code Search


SCons

SCons: A software construction tool

配布元、ドキュメント。

Construction Tool Round-up

GNU makeを使うのは結構面倒。antもいいけどC++のビルドにant使いたくない。 何かいいビルドツールないかと調べてみた。その結果かなりたくさんあるよ うなのだけれど、SCons,Rakeといったツールが有望そう。

build - SWiK

ビルドツールがわらわらと列挙されている。いいのが見つかるかも。

steps to phantasien t(2006-09-01)

SConsをお使いのようだが、rakeについて調べられている。とは言え、 rakeのソース解析だったりするのだけれど。

Radium Software Development::SCons

上記記事にて参照されている。SConsの紹介。

nDiki: GNU Make

Buildツールについて調べた結果。後は、PerlでModule::Build でソース パッケージングという方向へ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。